FC2ブログ
 
welcome to http://ulysses2006.blog59.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 ハコネ旅れぽ① 

行ってまいりました。20年ぶり、人生二度目のハコネ旅!
ゼータクして参りました!というレポートです。
豪華旅館にクラシックホテル、主な観光地と乗り物を網羅して遊びまくりました。
苛酷な夏の業務に向けて、一足早いリフレッシュなのであります。

関西、関東、東北から集合する我々3名、中間地点を取って場所はハコネ。
(しかし、東京からハコネはモロ「近場」)
宿の手配は若輩の私が担当。
「旅館でダラダラしたい」
「芦ノ湖が見たい」
「部屋食がいい」
などなどの希望に適うお宿として選んだのは、「ウラシマ」もとい芦ノ湖畔の「龍宮殿」。

東北の姐曰く
「さすが関西!」
らしい資質を発揮し?ネットで最もコスパのよいプランを探しました。
200906280757000.jpg
ジャジャーン、お宿全景。

ちなみに、このお宿へ着くまでに、紫陽花で有名な「阿弥陀寺」を訪れました。
「篤姫」=和宮様ゆかりのお寺とういことで、昨年の大河あたりから来訪者も
随分増えたんではないでしょうか。

これがまた、ムシムシのお天気で厳しい上り坂に汗ダラダラ(湯本駅前で関東のアネと
お昼に飲んだビー●も効いたか)です。
東北の姐はホントの参道を歩いたそうですが、私たち二人は地元のおじさんに教えてもらった
舗装された道を行きました。withツエ(わたし)。

「琵琶を聞いてるよー」
との東北姐からのメールから数十分、琵琶が終わって降りてくる人たちと挨拶を交わし、
汗をぬぐい、ようやく阿弥陀寺に到着!!


紫陽花は・・・
いやいや、確かに紫陽花は咲いてますが、ガイドブックの写真から想像していた

一面、紫陽花。

とは、ちょと違う。
境内をつつましく彩っておりました。

そんなところで、時計を見るともう夕方。
「もうさっさとお宿へ行って温泉入って・・・」モードとなり、豪勢にタクシーでお宿へ乗り付けました。
道中、このお宿に2泊する、と運転手の親切なおじちゃんに話すと、

「リッチだねぇぇ!!」
と大げさに驚いてくれ、大いに気を良くする私たち。
途中、サービスで富士山の見えるビュースポットに回ってくれると、

おお!!うっすらと富士山のシルエットが浮かんでいるではありませんか!

早くも感動する私たち。
幸先よい旅のスタートです。


2009/07/02 | 20:24
未分類コメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © 水辺日記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。